HOME > 講師を探す > 人生 > 藤波 辰爾

講師を探す

< 東国原 英夫  |  一覧へ戻る  |  三好 茂雄 >

得意ジャンル 講演内容 著書・メディア情報
氏名
藤波 辰爾(ふじなみ たつみ)
出身地
大分県国東市
ゆかりの地
大分県,大阪府
肩書き
㈱無我ワールド・プロレスリング 代表取締役
現職
プロレスラー
予算の目安
★★★★★


講演のみならず、プロレスによる町興し、村興しを実施しています。元気の無い町をプロレスを通じて元気に!

プロフィール

昭和28年 12月28日大分県東国東郡武蔵町生まれ。後の師である、アントニオ猪木に憧れ、中学2年で日本プロレス入門を決意。中学卒業後、トレーニングジムに通い、その後大分に巡業に来た日本プロレスに合流。その日から、同郷の魁勝司選手(北沢氏)を訪ね入門を志願し、無理やり同行、押しかけ入門する。その後、昭和46年に日本プロレスを離れたアントニオ猪木の新団体旗揚げに参加。当初は訳もわからなく、ただ憧れのアントニオ猪木に付いて行く事を決心。昭和47年3月新団体、新日本プロレスリング旗揚げ。わずか5人でのスタートであった。昭和49年、第1回カール・ゴッチ杯争奪戦に優勝し、海外行きのキップを手にする。翌50年6月に初渡欧。ドイツ・メキシコを転戦。その後、アメリカに渡り、プロレスの神様カール・ゴッチの元で修行。約3年8ヶ月の海外修行を終え、昭和53年1月ニューヨークで、日本人初のWWWFジュニアヘビー級選手権王者となり、華々しく凱旋帰国。日本のジュニアの一時代を築く。昭和56年にヘビー級に転向。体格差に苦しむが、57年に念願のヘビー級タイトルを奪取。だが、昭和63年試合中の怪我(椎間板ヘルニア)により、戦線離脱。一時は再起不能と言われ、引退を余儀なくされるも、1年3ヶ月にも及ぶ治療とリハビリの末、奇跡のカムバックを果たす。平成7年10月には、プロレスの原点回帰を追求し、“無我”を結成。イギリスの名門ビリーライレージムと提携。基礎のしっかりしたレスリングを若い世代のプロレスラーに伝えることを目的にスタートした。平成10年4月4日には、師アントニオ猪木引退記念試合において王者佐々木健介を破り、第24代IWGPヘビー級王者に返り咲く。なんと44歳にして通産6度目という偉業を達成。翌平成11年6月には、新日本プロレスリング㈱の代表取締役社長に就任。2006年新日本プロレスを退社。無我ワールドプロレスリングを設立。

著書・メディア活動はこちら
講演内容
講演時間
60分~90分
テーマ
ネバーギブアップの我がプロレス人生
概要
小学生時代に始めて観戦したプロレスで、中学に入学後プロレスラーになる事を決意。身体も大きくなく、柔道等や格闘技の経験がまったく無かった入門時代の苦労話、18歳で海外武者修行に出発。言葉も話せない中で3年8ヶ月、ドイツ・メキシコ等を転戦。当時の海外での経験談。試合中の怪我で1年3ヶ月の闘病生活等をテーマに「ネバーギブアップ」の大切さをお話しさせて頂きます。
講演実績
早稲田大学・関西大学・関西学院大学・新潟大学・上智大学・中京大学
帝京大学・慶応義塾大学・第一製薬・河内長野商工会青年部・日立製作所
相田みつを美術館・奄美大島ふるさと祭り・石川県子育て支援財団
麻布台学校教育研究所・東京経済大学・福岡工業大学・別府青年会議所
長崎商工会議所青年部・東大阪青年会議所・茨城県商工会連合会
著書・メディア活動

【メディア】

N H K     「ふるさと一番」 平成17年からレギュラー出演
          「生活ほっとモーニング」「名曲音楽館」「スタジオパーク」
          「N響アワー」「クイズモンスター」「食彩浪漫」
NHK BS   「おーい日本 大分編」
テレビ朝日      「旅サラダ」
T B S      「チュ-ボーですよ」「世界ウルルン滞在記」
フジテレビ    「感動エクスプレス」「晴れたらいいネ」
テレビ東京    「アド街っく天国」「土曜スペシャル」
日本テレビ     「どっちの料理ショー」「秘密のケンミンSHOW」
          「おもいっきりイイ!!テレビ」


講演内容を見る

藤波 辰爾(ふじなみ たつみ)への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

藤波 辰爾への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

< 東国原 英夫  |  一覧へ戻る  |  三好 茂雄 >

似た条件の講師


このページのトップへ