HOME > 講師を探す > 人生 > 川村 寿法

講師を探す

< 吉元 由美  |  一覧へ戻る  |  渡部 陽一 >

得意ジャンル 講演内容 著書・メディア情報
氏名
川村 寿法(かわむら じゅほう)
出身地
福岡県北九州市
ゆかりの地
福岡県,京都市
肩書き
人生学習の寺 西蓮寺住職/一人語り演劇家/脚本家/北九州市教育委員会主催 市民講座講師(2010~2011年現在)
専門分野
自分の可能性を開く・より良い人間関係を築く・一人語り演劇
予算の目安
★★☆☆☆


いつもとは違う角度から自分を見つめる『仏法視点』から、私が気づかない自分のさまざまな可能性を開いていけるお話をします。
また家族、友達とが、ほんとうの意味で出会っていけるためのお話をします。
私の講演は二部構成です。講演【前半】の後に、一人語り演劇【後半】を行うという全国でも珍しい特殊な講演スタイルです。老人から中年、青少年から幼児まで一人で数人分の声の演出による『一人語り演劇』を行うことにわり、臨場感あふれる、さまざまな人間模様を表現します。

プロフィール

1996年~寺院活動をしながら福祉活動に励む
      宮城県、京都、石川県など各地で仏法講演を行う
1999年~各新聞やテレビ、ラジオや雑誌を通して『仏法視点による人生論』や、自作『その後の兎と亀』を熱く語る
2005年~プロ・セミプロ混成の人形劇団【声優部・製作部・操作部・音楽部で構成】の代表(脚本・声優役を兼ねる)に就任
      北九州市からの依頼により半年間、『龍神と義経』を上演
      演題『桜の散り際』が全国誌で取り上げられる
2005年~一人で老人役から中年、青少年、幼児役の数役による声の演出で『一人語り演劇』を日本各地で行う。【効果音付き】
2006年~ラジオFM北九でレギュラ-番組『ラジオ一人語り演劇』を担当
2006年~自ら作詞・作曲した歌(ポップス・演歌)が関西のラジオで何度も取り上げられたことをきっかけに、
      一人語り演劇の出演として歌(CD)を流す試みを実施
2010年~妹との共同執筆による本『心コロコロ介護のこころ』(法研)を商業出版

著書・メディア活動はこちら
講演内容
講演時間
60~90分間
テーマ
二部構成【前半→講演・後半→一人語り演劇】
概要
①~幅広い市民講演~

講 演  【第一部(前半)】
『より良い人間関係を築くために』
『自分の尊き可能性を開くために』
『その後の兎と亀の視点から考える人生』

一人語り演劇 【第二部(後半)】
『家族との、ほんとうの出会い』
~欠点だらけの人に開かれた尊き可能性~
『仏弟子 パンタカ物語』
※いずれも実話を元にした家族ドラマ ★音響効果あり

②教育関係

講演テ-マ (前半)
『より良い人間関係を築くために』

一人語り演劇 (後半)
~挫折、反抗、いじめを通しての貴重な学び~
『泥だらけの卒業証書に光を』
※川村寿法の学生期の実話を元にした学園ドラマ

③企業・さまざまな職場

講演テ-マ (前半)
『私の尊い可能性を開いていくには』

一人語り演劇 (後半)
【トヨタ自動車の原点を築いた男に尋ねる】
『豊田 佐吉物語』
対象者
一般市民全般/市政関係・人権/学校・教育関係・PTA/企業/福祉施設/各地の仏教会
講演実績
北海道夕張郡生涯学習講演会
愛知県トヨタ自動車 本社社員研修会
埼玉県さいたま市 私立開智中学校 ※2008年から毎年
三重県四日市市生涯学習講演会
宮城県仙台市・岩手県八幡平市生涯学習講演会
熊本県荒尾市PTA連合会
新潟県医療連盟 講演会
岐阜県岐阜市・岐阜県関市仏教会一般公開講演
愛媛県松山市市民人権講演会
大阪市 企業経営者の講演会
福岡県福岡市 教育大学付属中学校PTA
九州北部~高校校長、教頭の研修会(会場 北九州市小倉)
鹿児島県・山口県・福岡県各地の中学、高校での講演会
福岡県各地の福祉施設
福岡県田川地区保育連盟
大阪府高槻市仏教会 一般公開講演
九州、山口県の企業経営者の講演会(講演会場 行橋市)
山口県各地域の市民講演
福岡県春日市市民生涯学習講演会
その他
聴講者の声
約750人の聴聞者からのお手紙、感想文から特に多いものの順番
【※統計をまとめた日 2010年6月】
         
①人間関係について、大切なことを学べた
②一人で数役の一人語り演劇は、実際に何人かの声優が演じているようでとても驚いた
③思い込みは、自分の可能性を閉ざすことを学べた
④その後の兎と亀の話が印象に強く残った
⑤再び講演と一人語り演劇を聞きたい
※④と⑤は、ほぼ同数でした。
著書・メディア活動

【主な著書】

妹との共同執筆による本『心コロコロ介護のこころ』(法研)を商業出版

 ※クリックするとAmazonで購入できます。


【メディア活動】

毎日新聞・朝日新聞・西日本新聞、各雑誌に、出版本や語り演劇活動、

自作の『その後の兎と亀』・自作の門司港の歌が取り上げられる

各民放テレビ番組や、KBCラジオで、『その後の兎と亀の話』を行う。

 


講演内容を見る

川村 寿法(かわむら じゅほう)への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

川村 寿法への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

< 吉元 由美  |  一覧へ戻る  |  渡部 陽一 >

似た条件の講師


このページのトップへ