HOME > 講師を探す > 人生 > 大牟田 智子

講師を探す

< 小椋 ケンイチ  |  一覧へ戻る  |  坂本 博之 >

得意ジャンル 講演内容 著書・メディア情報
氏名
大牟田 智子(おおむた さとこ)
出身地
福岡県福岡市
肩書き
助産師
専門分野
助産/性教育/育児支援
予算の目安
★☆☆☆☆


プロフィール

開業助産師と公務員の両親の次女として生まれる。
助産科卒業後、大学病院に勤務。そこで麻酔など当時の産科先端技術を言われる病棟で新人助産師として奔走。無痛分娩や計画分娩の実態を学ぶ。その後、実家の事情で帰福を余儀なくされ地元の総合病院産婦人科勤務をしながら母親の助産院を手伝う。その頃からより快適なお産を求めてラマーズ、ソフロロジー式出産など多岐に自主学習に励む。マタニティーコンサルタントのきくちさかえ氏と出会い「アクティブ・バース」を知る。人間本来の出産はもっと自由なものと確信し、九州でははじめてのアクティブバースや水中分娩を行ってきた。現在は春日助産院の院長としての傍ら、出産という本質的な現場から得たものを多くの人々に伝えて行くべく講演活動に取り組む。

【略歴】
昭和53年 3月 中村学園女子高等学校普通科卒業
昭和59年 3月 藤田学園保健衛生大学衛生学部衛生看護学科卒業
          高校2級教員免許取得 科目 保健・看護
          中学校1級教員免許取得 科目 保健
昭和59年 5月 看護学学士(看護師免許)取得
          保健学学士(保健師免許)取得
昭和60年 3月 聖マリア高等看護学院助産科卒業
昭和60年 4月 北里大学医学部付属病院産科病棟勤務
昭和60年 5月 助産師免許取得
昭和61年 1月 福岡逓信病院産婦人科病棟勤務
昭和63年 1月 春日助産院勤務 (現在に至る)
平成10年10月 テムズバリー大学助産学修士コースカリキュラム終了

講演内容
講演時間
90分~120分
テーマ
「子育てと養生~親として伝えていきたいこと~」
「育児における食の大切さ」
「いのち見えますか?」
「健康な体から始まる女の幸せづくり」
「若い女性の食生活について~助産師の視点から~」 など
対象者
小学生~成人
講演実績
以下、 開催日・主催・テーマ等

2006年5月27日 心あるお産を求める会 「産む安心を求めて」
2007年5月20日 西日本新聞社 食卓の向こう側シンポジューム
            「脱・お産難民~みんなで幸せなお産をしよう」
2007年9月5日 筑紫野市 ちくしの福祉村 ボランティアセミナー 「妊婦から・・・食育まで」
2007年9月22日.23日 Umiの家 「癒しの助産塾in福岡」
2007年10月20日 安保徹先生・大田篤先生講演会 「免疫革命21世紀の医学」(電気ホール)
2007年10月21日 長崎県立助産師会・長崎県看護協会助産師職能 
             「人のことではない、これからのお産」
2008年       Umiの家 「癒しの助産塾in長崎」
2009年       Umiの家 「癒しの助産塾in鹿児島」
2009年       Umiの家 「癒しの助産塾in山口」
2009年1月16日 那珂南小学校父母教師会 地区後援会 「食育と子育て」
2009年10月21日 社団法人山口県看護協会 「開業助産師の”心と技”を学ぼう」
2010年2月6日 太宰府市民図書館 読書推進講座の講師
2010年3月7日 (株)ドリームグループ オーガニックハウス夢広場 「いのち見えますか?」
2010年10月18日 クレセントムーン 「家族で話せますか?」
             (福岡市男女共同参画推進センター・アミカスホール)
2010年10月28日 博多女子中学校・高等学校 「素敵なママになるための心がけ」
2010年11月23日 竹田市長 竹田市食生活改善推進協議会 「育児における食の大切さ」
2010年12月9日 筑紫地区食生活改善推進会 
            「若い女性の食生活について~助産師の視点から~」
2011年5月1日 13人のグランマザー福岡の会、ナチュ村 
           「これからの七世代と、さらに続く子供たちへ」~天神イムズ~
2011年5月19日 クレセントムーン 「今こそ語り合いたい『いのち』について」~アクロス福岡~


大牟田 智子(おおむた さとこ)への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

大牟田 智子への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

< 小椋 ケンイチ  |  一覧へ戻る  |  坂本 博之 >

似た条件の講師


このページのトップへ