HOME > 講師を探す > 人生 > 坂本 博之

講師を探す

< 大牟田 智子  |  一覧へ戻る  |  玉井 洋子 >

得意ジャンル 講演内容 著書・メディア情報
氏名
坂本 博之(さかもと ひろゆき)
出身地
福岡県
ゆかりの地
福岡県,埼玉県,東京都
肩書き
元プロボクサー
予算の目安
☆☆☆☆☆


プロフィール

1970年12月30日、福岡県田川郡川崎町生まれ。

2歳前に「鞍手乳児院」へ預けられ、児童養護施設「誠慈学園」へ入所。
その後一時帰宅と親戚の家を転々としながら、小学2年生のときに児童養護施設「和白青松園」で8ヶ月を過ごす。
8歳で母親と上京。

埼玉・小松原高等学校卒業後、東京都角海老ボクシングジムに入門し、ボクシングを始める。

1991年にプロデビュー、93年に全日本新人王となり、更に日本ライト級王座を獲得。
96年には東洋太平洋同級王者となり、“平成のKOキング”と呼ばれるようになる。

過去4度世界同級タイトルマッチに挑戦。いずれも失敗するが、2000年の畑山隆則戦ではボクシング史上に残る名勝負を演じた。

2000年には「こころの青空基金」を立ち上げ、和白青松園への支援活動を始める。

2006年1月、椎間板ヘルニアを克服して再起戦で勝利。

47戦39勝(29KO)7敗1分。2007年1月6日現役を引退。
現役引退後、トレーナー業の他、講演をするなど活動の幅を広げている。

著書・メディア活動はこちら
講演内容
講演時間
90分~120分
テーマ
僕は運命を信じない
概要
両親の離婚を機に預けられた親戚の家での虐待経験、その後の児童養護施設での生活、
15年間のボクシング生活。

過酷な生い立ちから、一度は人間不信に陥りながらも、ボクシングを通して、生きる喜び、
人との交流、愛情を取り戻した坂本氏。

これまでの壮絶な人生をもとに、その経験から学んだこと、感じたことを熱く語る。


対象者
学生・一般市民・教師・児童養護施設関係者・ケアワーカーなど
講演実績
・福岡県警/非行防止大会
・福岡県久留米署/シンナー等薬物乱用防止推進大会
・うきは警察署/防犯大会
・福岡少年院/浪速少年院/川越少年刑務所
・港区子ども家庭支援センター
・新宿民生委員
・福岡社会福祉協議会
・福岡教育委員会
・福岡県朝倉市/男女共同参画推進 青少年係
・福岡NHK放送局
・横浜市こども青少年局 青少年育成課
・横浜市港南区子ども会連絡協議会
・九州思春期研究会研究大会
・北海道余市青年会議所
・佐久青年会議所
・ライオンズクラブ
・キワネスクラブ
・日本モーターボート競走会

その他、中・高学校や企業での講演も多数。
著書・メディア活動

【著書】
『坂本博之 不動心』 構成企画 加茂佳子 日本テレビ
『ちくしょう魂』 編集 岸川貴文 小学館文庫
『僕は運命を信じない』 著 田中耕  西日本新聞社


講演内容を見る

坂本 博之(さかもと ひろゆき)への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

坂本 博之への講師依頼、講演依頼についてのお問い合わせ

< 大牟田 智子  |  一覧へ戻る  |  玉井 洋子 >

似た条件の講師


このページのトップへ